癒しのめだかちゃん

めだかちゃん達に癒されている日々・・・。
いろいろな種類がいるめだかちゃん(^^)
日本で一番小さい淡水の魚めだかちゃん(^^)
忙しい日々の一瞬だけめだかちゃんに癒される・・・。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク - -

めだかちゃんに水草

我が家のめだかちゃんの水槽には、水草を投入していますが

アマゾンフロッグピットという浮き草と

アナカリス(大カナダ喪)

めだかちゃんの水槽は特にブクブクは必要ありません。

というのも、野生のめだかちゃんは水の流れの少ないよどんでいるところに生息しています

泳ぎも得意ではないのです

ブクブクをしていると、水槽内で水流が起きるのでメダカちゃんは疲れてしまします

そこで、ブクブクをしない代わりに酸素の供給をしてあげなければいけません

酸素供給という意味ではアナカリスがお勧めです

この、アナカリスは去年豊岡市のとある川で採取してきました。

バケツで管理をし、何度も何度も洗い流して水槽にいれました。

天然のアナカリスですので、タニシや巻貝の卵や、トンボの卵が付いています。

貝類の卵はそんなに被害はないのですが、性質がわるのが、トンボの卵です。

ヤゴ(トンボの幼生)は大きくなるとメダカちゃんを襲います

最悪の事態に発展する可能性があります。

一年経つとヤゴの心配もほぼ無くなります


浮き草・・・アマゾンフロッグピット

これは、めだかちゃんの隠れ家的な存在です。

一応日陰にもなりますので、直射日光がひどいときの避難として・・・


稚魚達をバケツで管理していますので、アナカリスと浮き草で、酸素供給をしています。

水槽は、直射日光があまり当たらない所に置いていますので、浮き草の成育はあまり良くないので、アナカリスのみとしています。

水草にとって、日光は酸素の素です。

お昼に、水草を観察していますと、泡が葉先や茎のところから出ているのがわかります。

めだかちゃんにとって、水草はかかせません







JUGEMテーマ:めだか メダカ 
photo by めだかちゃん - -
<< ザリガニ水槽のフロリダブルーザリガニ | main | 水草の役割その2 >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク - -









http://medakachan.jugem.jp/trackback/18
メダカの本
メダカの飼い方と増やし

メダカの飼い方と増やし

価格:1,260円(税込、送料別)


メダカの救急箱100

メダカの救急箱100

価格:1,365円(税込、送料別)


手に取るようにわかるメ

手に取るようにわかるメ

価格:1,800円(税込、送料別)

楽天リンク
めだかショッピング
売れ筋ペット用品

このページの先頭へ